パンセ パスカルに倣いて1 パンセ パスカルに倣いて11
1巻 定価3,360円
   (本体 3,200円)
2巻 定価4,620円
   (本体 4,400円)
著者紹介

西村浩太郎著『パンセ─パスカルに倣いて─』
     1巻および2巻(東京本郷・信山社版2000年)

 パスカルの『パンセ』は、部分的に読めば面白いし、警句やアイロニーにも満ちている。

 しかし、パスカルが死んだ時、書きかけの断章ばかりが残されたので、全体的に何を言っているの かよく判らず、彼の哲学も宗教も正しく理解されてきたとは言えなかった。

 そこで、パスカルの頭にあったに違いない『パンセ』の正しい筋道を復元しようとする試みが、世 界の学者によって成されてきたが、誰ひとり成功しなかった。

 本書は、世界で初めて、『パンセ』の1021の断章を論理的に順序づけ、パスカルの言い足りな いところは補って完成した、「読み物」としての『パンセ』なのだ。

 これは、フランス人でさえまだ見たことのない、筋道の一貫した『パンセ』であり、世界に先駆 け、日本語によって完成された、哲学史上でも画期的な業績と言える(パリ第四ソルボンヌ大学名誉 教授ピエール・マニャール氏ほか多くの学者がエールを送っている)。

 フランス語版の刊行も予定されているが、まずは日本語で、パスカルの面白さを、『パンセ』の深 さを味わってみよう。

●第1巻、これほど判りやすく、しかも深く考えさせる哲学書はほかにはない。

●第2巻、これほど判りやすく、しかも宗教の本質に迫ったキリスト教入門書はほかにはない。

西村浩太郎教授のパスカル講座

   『パンセ』の断章を一つずつ、ネット上で徹底的に分析していきます。

   関心のある方は、パスカル講座のご案内をクリックしてください。

   まずは、コーヒーブック「パスカルの『パンセ』を読む会」で、その趣旨や内容の一端をご覧ください。

パスカル講座のご案内




● その他の本の情報は、下記をクリックしてください。

小野しまと著『清潔マニアの快的人生─永遠のキレイを求めて─』
小野しまと著『イチロー・武蔵・西部劇─十割打者を目指す求道者─』
西村浩太郎著『カインの印─殺しの哲学─』
小野しまと著『大田小学校六年二組 ―イジメなんてメジャねーよ!―』(近刊)
塚田泉著『へそ曲がりフランス語会話』(近刊)

  ご注文いただく場合は、下記の注文するをクリックしてください。
      注文する
  コーヒーブック  
  ホームページ